字幕と吹替のどちらでもOKなのがhulu配信作品の強み

海外の映画やドラマを見るとき、字幕で見るか吹替で見るかの好みは人によって分かれます。そこで、動画配信サイトのhuluでは、字幕も吹替もどちらも利用できる作品配信数を増やしています。

 

一昔前は字幕が全盛でしたが、今では吹替を好む人も多くいます。そのため販売されているDVDと同じ吹替の役者を起用している吹替が、見る人から支持されています。また、内容を理解するために最初は吹替で見て、次からはネイティブな雰囲気を感じ取るために字幕で見るという楽しみ方も可能です。

 

→hulu無料トライアルの公式ページ

 

吹替の作品ラインナップを増やすようにhuluは努力

 

どうしても英語になじめないので、海外の作品を吹替でなければ見ないポリシーの人も中にはいます。

 

huluの経営母体は米国ですので、配信される作品も今までは字幕が中心でした。それは当然のことかもしれません。ですが、それで日本人に受け入れてもらえないのではマイナスですから、対策として吹替の作品ラインナップを増やすようhuluは努力を重ねています。また、日本人にはおなじみの日テレとアライアンスを行ったりなど、さまざまな広告宣伝が普及に功を奏しています。

 

再生中の字幕と吹替の切替は不可

 

huluは動画配信サービスですが、そのためにできないこともあります。それはたとえ字幕と吹替の両方に対応している作品でも、再生中に字幕と吹替の切り替えはできないということです。

 

これは自由に切り替えようとすれば、通信への負担が大きくなってしまうからです。よってDVDのような映像記録媒体から再生するときとは違い、再生途中の切り替えはできません。再生開始から再生終了まで、字幕か吹替のどちらか一方のみを再生できます。

 

ただ、わかりやすくどちらか一方だけの二者択一になっているため、後から余計な操作を加える必要がないです。つまり、最初の選択さえ間違えなければそのまま希望通りの再生をしてくれるので、そこはむしろメリットです。

 

英語に慣れたい人はhuluで慣れていける

 

たとえ試験で正解するための英語はある程度できても、いざ英語で会話するとなるとまったく別物です。英語をスムーズに話すためには知識よりも経験が必要ですので、そこは日本人の弱点です。つまり、英会話で必要なのは細かい文法のことではなく、とにかくコミュニケーションを取れるような会話や発音のしかたです。

 

机に座って勉強するとなると気づまりしてしまいますが、huluで海外の映画やドラマでも観ながら英会話に慣れていくと英語へのイメージが和らぎます。これはまだ英語に対して特に抵抗のない子どもなら、なおのことそうです。早い段階から英語への耐性をつけられますので、huluの字幕で作品を観るというのが英語教育として良いのではないでしょうか?